4:3⇔16:9への変更(VideoStudio 使い方)

スポンサーリンク

4:3⇔16:9への変更(video studio x6の使い方)

テレビ画面の大きさには、16:9と4:3というサイズの違いがあります。シンプルに言うと、ワイド画面と呼ばれるものが16:9で、横長の画面のことです。
そして、昔からあるブランウン管テレビのように、正方形に近い画面が4:3です。

現在のテレビはほとんどが16:9でのサイズですので、ご自身で編集し、ご家庭でご覧いただく場合は16:9で作成したほうがよいかと思います。

じゃぁ、4:3はどういったときに使うの?ということで、4:3を使用するときは、何かの授業や、プレゼンテーションに用いるときです。
プレゼンテーションのスクリーンは、今でも4:3の比率のスクリーンを使用しているところが多く(会社、大学、学校等)16:9で作成した映像がはみ出すことがあります。

特に注意!
結婚式でオリジナルの動画作ろうとお考えの方へ
会場のスクリーンサイズに合わせておつくりしなければなりません!
ですので、結婚式の会場に一度お問い合わせし、
「映像を自分で作ろうと思っているのですが、プロジェクタの比率は16:9ですか?それとも4:3ですか?」
と先に情報を手に入れておきましょう♪

では、サイズの変更の仕方を説明いたします

youtube動画解説
[設定]をクリックし、出てきたメニューの中から[プロジェクトのプロパティ]をクリック
videostudio4:3
[編集]をクリック
videosutudio16:9
[全般]のタブをクリック
表示アスペクト比を[4:3]に変更
[OK]をクリック
名称未設定-4

以上です。